社会福祉法人丹緑会特別養護老人ホーム栗林荘|栃木県小山市|特別養護老人ホーム|デイサービス

 

思ひ出ころころ

 
フォーム
 
ディズニーランド旅行
2014-11-06
更新遅くなってしまいましたが、栗林荘初となる、ディズニーランド旅行に
いってきました
 
旅行に行くきっかけとなったのは、職員照子さんのドリームが始まりでした
【施設のお年寄り達とディズニーに行きたい】という、照子さんの中にずっとあったのですが、なかなか実行できずにいました
 
そんなある日、Iさんに、東京には夢の国があるんだよという何気ない会話から、イズミーランド?行ってみたいと、Iさんから、話があり、他にも行きたい。と言ってくれた方を誘って、行くことが決まりました
 
 
 
利用者3人、職員4人の旅は、Iさん、照子さんの最強の晴れ女コンビのおかげで、天候のも恵まれ、朝7時に施設を出発
高速はスムーズで、東京に入ると、Iさんは、半世紀ぶりの東京だーと、大盛り上がりでした
 
9時半には、ディズニーランドに到着し、利用者も職員もウッキウキ
ファストパスを取りに走ってくれた佐藤をよそに、残りのみんなで、帽子・カチューシャを被っての撮影会に入りました
 
 
 
汗だくになって戻ってきた佐藤をみんなで出迎えて、シンデレラ城の前で、集合写真
 
あれ?写真右手に、チェック柄のプーさんんが写りこんでるー
栗林荘のプーさんは、かわいいですか?
注)職員の佐々木 24歳です
 
 
 
 
 
 
最初に向かった乗り物は、ウエスタンリバー鉄道
 
ここで、初めて知った、車いすの方専用のプレミアムチケット(仮名)の存在を知りました
プレミアムチケット=列に並ばずに、スタッフの指定した時間に、乗り場に行けば、優先的に乗り物に乗れるという、夢のようなチケットです
 
プレミアムチケットをゲットした、栗林軍団は、一般のお客さんは乗ることのできない、秘密の隠し扉から、エレベーターに乗り、着いた先は、汽車の先頭でした
特殊な柵を開け、段差なく、汽車に乗り込みジャングルの中探索スタート
 
利用者みんな、初めての景色、光景に、誰も言葉を発することなく、ただただ、口を開けて外を見つめていました
 
 
 
 
 
汽車を乗り終え、次に向かったのは、佐藤が汗だくになってファストパスを取ってきてくれた、ホーンテッドマンションです
 
ここでもプレミアムチケットの登場で、出口のところにある、扉に誘導され、中に入ると、なんとそこは、真っ暗な部屋でした
乗ったことのない方の為に、説明させていただくと、乗り物に乗る前に、暗い部屋を2部屋通ることになるんですが、そのうちの最初の部屋に出た訳です
 
部屋の中は真っ暗で、みんな、なんだかわかってたのかなぁ?
真っ暗すぎて、職員も車いすを見失う所でした
 
部屋を2つ超えると、乗り場に到着
ベルトコンベアーを止めてもらい、みんなで、えっさえっさと、乗り込みました
 
お化け屋敷のはずなのに、だーれもビックリしてくれなくて、少し残念
でも、最後のお化けが写った鏡を見たKさんが、ちっさい声で、わっっと、
驚いてくれてました
 
 
 
 
ホーンテッドマンションを早々に次はバズライトイヤーへ
 
乗り物に乗る際傍まで行けず7メートルくらい歩くことになり乗る前からみんなヘトヘト
 
Iさんは訳も分からず乗り物を操縦し、グルグルとまわりっぱなし
乗り物酔いしやすい照子さんは、乗って早々に酔ってしまい全く楽しめず
Iさんは照子さんのことは気にもとめず操縦に夢中
照子さんご苦労様です
他のみんなは打ちまくって楽しんでいました
 
乗り終わって、せっかく楽しめたのに、また帰り7メートル歩き、もう疲れ切った様子でした
 
乗り物3つ乗った一行は、昼食をとることに
 
利用者みんなに聞いてみると、みんな揃って、「和食」と・・・
高級料理屋『北斎』へ
 
利用者が各々好きなものを注文する中、ビンボー職員達は、ただ指を咥えて
眺めていました
 
 
 
昼食後は、別行動
 
Iさん&照子さん物語
 
まずは、お土産選びから
同じ部屋の利用者と、職員へとお土産を選んでくれてました
車いすからだと、上の棚にあるものが見えず
「あれ取ってみてそれ何?」と
「クッキーだね。ちょうどいいんじゃない?」と伝えると、
「それでいいよ」と、即決
 
 
 
お土産を買い終え、外に出ると、ブラスバンドショーがやってました
 
92歳を迎えて、人生初のブラスバンドショー見学
正面からでなく、後ろからの見学になってしまったけど、しっかりと
聞き入ってました
手拍子をしたり、キャストに手を振って楽しまれてました
 
 
ショーを終えて、メインゲートに行くと、キャラクターたちがたくさん
 
見るものすべてが人生初で、何が何だかわからなかった様子でした
照子さんが一生懸命説明したけど・・
 
キャラクターたちは、とっても優しくて、子供やお年寄りに親切でした
キャラクターのほうから、近くによってきてくれてました
 
まずは、ドナルドダックと岡泉も入りたかったーーーー
 
次は、メリーポピンズとバートというキャラクターと
外国人の二人から、英語で話かけられたIさんは、困って・・
とりあえずうなずいているだけでした
 
 
社会福祉法人丹緑会
特別養護老人ホーム栗林荘
〒323-0818
栃木県小山市大字塚崎463-1
TEL.0285-27-1582
FAX.0285-27-1583
────────────
特別養護老人ホーム
────────────
072004
<<社会福祉法人丹緑会特別養護老人ホーム栗林荘>> 〒323-0818 栃木県小山市大字塚崎463-1 TEL:0285-27-1582