社会福祉法人丹緑会特別養護老人ホーム栗林荘|栃木県小山市|特別養護老人ホーム|デイサービス

 

思ひ出ころころ

 
フォーム
 
栗林荘に帰ろう!!
2015-04-07
「らくせい」のオーナーのKさん。ここのところ体調を崩していて、1ヶ月前に入院しました。病院の先生からも「手のほどこしようがない・・・」と言われていました・・・
 
面会に行くと、「あんたに頭洗ってもらいたい。」と言ってくれていたKさん。
病院ではお風呂に入れていなく、ただでさえお風呂好きなKさんは入りたくてしょうがないんじゃないかな。Kさんに気持ちよくお風呂に入ってもらいたい!!
だんだん元気がなくなっていくKさん。なんとかお風呂に入れてあげたい!!家族とも相談しましたが、「今の状況じゃ・・・」と心配されていました。
ある日から調子が良くなって表情も良くなってきました。
 
これはチャンス!!息子さん、娘さんに相談してみよう!!
面会に行くと、息子さんと娘さんも来てくれました。その時病室で娘さんが「座れるようになったら髪の毛切ってあげたいから、座れるようにまでならなくちゃね。」と話しているのが聞こえました。
お風呂に入ってもらいたいというのは自分たちの思い、それより娘さんのしてあげたいという思いを1番に考えなくてはいけないのでは!!
ということで息子さん、娘さんにご協力いただき、栗林荘に帰って散髪とお風呂が実現することができました 
 
 
一ヶ月ぶりに体を起こし、車いすに移ると「危ない、怖い」と。ずっと寝ていると体は座ることを忘れてしまいます。
 
看護婦さんにも笑顔で見送ってもらい出発~
 
久々に起きてまだボーっとしてます
 
 
ゆったり車のシートに乗ってもらい栗林荘まで移動
 
 
栗林荘に着くとみんなKさんのことを待ってましたと言わんばかりに駆け寄ってきました
 
Kさん目があまり良くないんですが、声を聞くとハッキリと分かっていました
 
 
仲良しの利用者さんもKさんのもとへ駆けつけてくれます
 
みんなと話しているとだんだんKさんも表情も良くなってきました
 
食欲の方もあまりないけど飲み物だったら飲みたいと話していたので、お孫さんが選んでくれた「いちごの王様あまおう」と「フィリピン産最高級と思われるバナナ」と「北海道搾りたて?ミルク」でフルーツジュースを
これにはKさんも「美味しい」と喜んでくれました
 
 
カリスマ美容師の娘さん
見る見るうちにKさんがキレイになっていきます
 
お孫さんも手伝って親子プレー
 
 
髪を切った後は、お風呂でスッキリ
 
段々体も慣れ、シャワーチェアにふつうに座っていました。
 
娘さん、お孫さんにも背中を流してもらいました
 
息子さんは恥ずかしいということもあり、待ってました
 
久々のお風呂にゆっくりつかってKさんの表情もほっこり
 
 
カフェテリアで待っていた息子さんにも入ってもらい、みんなで記念にパシャリ
 
 
お風呂の後は息子さんが一番下のお孫ちゃんを連れてきてくれました。
Kさん名前は知っていたが、あったことはなかったみたい。
息子さんも「会わせることができないと思ってた。」とのこと。
会えて良かった~
 
 
病院に戻ると、主治医の先生に「もう(栗林荘に)帰ってもいいでしょ?」と言っていました。
 
次の日面会に行くと、Kさんの表情がさらに良くなっていました今まで、「調子良さそうだね。」と言うと、「う~ん、まあまあだよ。」と言っていたんですが、この日は「元気だよ!!」と自分で話してくれました。
先生には「良くならない」と言われていたがやっぱり心が動き出すと、元気になるんですね。Kさんに改めて教えていただきました!!
 
来週は八重桜を見に行こうね
社会福祉法人丹緑会
特別養護老人ホーム栗林荘
〒323-0818
栃木県小山市大字塚崎463-1
TEL.0285-27-1582
FAX.0285-27-1583
────────────
特別養護老人ホーム
────────────
070622
<<社会福祉法人丹緑会特別養護老人ホーム栗林荘>> 〒323-0818 栃木県小山市大字塚崎463-1 TEL:0285-27-1582