社会福祉法人丹緑会特別養護老人ホーム栗林荘|栃木県小山市|特別養護老人ホーム|デイサービス

 

思ひ出ころころ

 
フォーム
 
焼き芋大会
2013-12-24
今年度最後のイベント
焼き芋大会枯葉集めについでに大掃除
 
皆の楽しい様子をのせるぞ~・・・と思ったらもぐもぐペィジのほうでsugaがのせていてくれました
ということでこっちでは皆の写真をアップします
詳しくはもぐもぐペィジをご覧ください
 
今年も1年あっという間に過ぎてしまいました。今年はバス旅行や、くりりんバス(シャトルバス)など新しいことにいろいろチャレンジさせていただきました。慣れないことも利用者様、ご家族様のご協力もあり、自分たちスタッフも楽しく挑戦させていただくことができました。また、反省していく点もたくさんありました。もっともっと利用者様、ご家族様に喜んでもらえるように、皆が幸せになれるように自分たちもパワーアップしていきます
今年1年大変お世話になりました。来年もよろしくお願いします。
 
  
 
 
 
 
 
 
 
くりりんバス♪
10月、11月はくりりんバスが大活躍
 
まずは、男性陣を集めて釣り堀に~
若い時に釣りをやっていたという人たちを集めてレッツゴー
 
誰が一番釣れるか真剣勝負
 
 
フィーッッシュッ
一番最初に釣り上げたのは誰だ~
あらッスタッフのキムさん~
いつの間にか一緒に行ったSさんの竿を奪って夢中になっていました
一緒に行ったSさんはいつの間にか助手になっていました
 
 
 
またまたフィーーッッシュ
 
一生懸命引き上げているのは・・・・・・またしてもキム~
 
今回はキムさんしか釣れなかったです
一緒に行ったおじちゃんたちは笑うしかない
 
この後もキムさんは夢中にもくもくと釣りを楽しんでいました
その頃一緒に行ったSさんは・・・・竿も奪われ、橋の上から皆のことを見てました
 
ポップサーカス
寒くなってきましたね~気づけばもう12月思ひでころころも1か月更新してなかった・・・すみません
 
10月、11月は宇都宮にポップサーカスが来た~しかも福祉施設ご招待で利用者、スタッフが無料で見られるこれは行きまくるしかないっってことで1か月の間に6回行ってきました
無料で見られるっていうんで正直そんなんでもないのかな~なんて思ってたらとんでもないすごすぎてずっと「おー」って叫んでました
イリュージョンに、空中ブランコ、かわいいワンちゃんたちのドッグショー、などなど。本格的なパフォーマンスが盛りだくさん
なかには感動して泣いているおばあちゃんや、「サーカスなんて何十年ぶりだよ。昔はブランコばかりだったけど今はいろいろやって楽しいね。」と喜んでくれるおばあちゃん、「この人たちはこれで飯食ってんだから。」と冷静なおばあちゃんもいましたが、ほとんどの人が帰ってくると他の利用者さんや、スタッフに「良かったよ。すごかった見に行った方がいいよ」と興奮気味に話してくれました
 
 
 
 
再会
2013-10-19
Sさん夫婦は平成23年2月に夫婦揃って入所されました。
自営業で魚屋さんを二人で営んでいてこれまでお店のことが忙しく、あまり出かけたりなどできなかったそうです。
「お父さんが出かけることが好きではじゃなくてね、ドライブは好きで、たまに一緒にドライブしたくらいで、遊びに行ったとかはなかったね。」とお母さんからこんな話しを聞いたら、じゃあ今までやりたくてもできなかったことはやっていこうってことで、夫婦一緒に他の利用者さんたちと会津に旅行に行ったり、外食に行ったりして楽しんでもらいました
 
それから1年後、お母さんの方が元気がなくなってきて、表情も変わってきました。何とかお母さんに元気になってもらえないかと、娘さん夫婦が営んでいるとんかつ屋さんに今まで行ったことがないと言っていたので(自分たちも自営業をしていたから大変さが分かる。自分たちが行って変に気をつかわせて邪魔したくないと話していた。)行ってみたり、お母さんが歌が好きなのでカラオケに行ったり自宅に帰ってみたりしました。その時は元気だったころのお母さんに戻るけど、その後はまた表情が変わってしまっての繰り返しでした。
 
平成24年10月20日老衰でお母さんはお亡くなりになられました。
今までずっと一緒にいたので、お父さんは納棺の時にお母さんの顔を拭きながら「なんでこいつが・・・」とずっと泣いていました。僕たちはなんて言葉をかければいいのか分からなく、ただ傍にいることしかできませんでした。
それから施設に戻っても「うちの家内はどこに行った?」
「うちの家内が体が悪くて、入院してるんだ。行かなくちゃ。」と混乱していました。亡くなったことを説明すると「死んだ!?死んだなんて知らない。なんで死んだんだ。」と・・・その度にお墓参り、自宅に線香あげに行きました。
 
しばらくすると、お父さんはお母さんのことを言わなくなりました。お母さんのことを言うと、また思い出して、混乱してしまうのでは・・・辛い思いをさせてしまうのでは・・・とも考えましたが、今まで何十年も一緒にいた夫婦ですお母さんのことを忘れていいわけがない。天国のお母さんも忘れられたら悲しいのではないか。
 
ということで、命日の1日前でしたが、本日一緒にお墓参りに行きました
 
 
 
社会福祉法人丹緑会
特別養護老人ホーム栗林荘
〒323-0818
栃木県小山市大字塚崎463-1
TEL.0285-27-1582
FAX.0285-27-1583
────────────
特別養護老人ホーム
────────────
076810
<<社会福祉法人丹緑会特別養護老人ホーム栗林荘>> 〒323-0818 栃木県小山市大字塚崎463-1 TEL:0285-27-1582